コンプライアンス遵守。廃棄処理の中村がマテリアリサイクルを推進 

マニフェスト伝票の記入例
マニフェスト伝票担当者が回収のさい、左記マニフェスト伝票をお持ちします。社名、御住所、電話番号、担当責任者の項目をご記入いただき、回収担当者に一番上のA票をお渡し下さい。残りの伝票は、回収業者、処分業者、最終処分と進む工程に順じ、捺印され、返却されていきます。
(見本を拡大すれば大きな写真がご覧いただけます。)
マニフェスト伝票の詳細(7枚複写)

A票

排出事業者の控えとなります。

B1票

処分業者への運搬終了後、運搬業者の控えとなります。

B2票

処分業者への運搬終了後、運搬業者から排出事業者に返送され、排出事業者が運搬終了を確認します。

C1票

処分終了後、処分業者の控えになります。

C2票

処分終了後、処分業者から運搬業者に返送され、運搬業者が処分終了を確認します。

D票

処分終了後、処分業者から排出事業者に返送され、排出事業者が処分終了を確認します。

E票

最終処分終了後、処分業者から排出事業者に返送され、排出事業者が最終処分終了を確認します。

※最終的に赤字のA票、B2票、D票、E票が排出業者分です。

マニフェスト伝票の保管及び確認
無許可廃棄業者への委託は、5年以下の懲役、1000万円以下の罰金となります。
  • マニフェスト伝票は必ず5年間保存しておいてください。
  • 交付したマニフェスト伝票に関して次のようなことがあった場合には、速やかに処理の状況を把握し、生活環境の保全上の支障の除去又は発生防止ために必要な措置を講じ、その結果を「措置内容等報告書」として、管轄の環境森林事務所に提出してください。
  1. マニフェスト伝票を交付した日から90日(特別管理産業廃棄物の場合は60日)経ってもD票が返ってこないとき。
  2. マニフェスト伝票を交付した日から180日経ってもE票が返ってこないとき。
  3. 運搬担当者氏名、運搬終了年月日等の記載が無いものが返ってきたとき。
  4. 処分担当者氏名、処分終年月日、最終処分を行った場所等の記載が無いものが帰ってきたとき。
  5. 虚偽の記載がなされたマニフェストが返ってきたとき。

京浜島処分場はKES環境マネジメントの認証を受け環境改善活動に参画しております。 ISO14001認定ロゴ フリーダイヤル0120-167-290