フロン回収 第一種特定製品の機器廃棄と回収をおこないます

フロン回収・破壊法の法令が2007年10月1日より改正されました。第一種特定製品からのフロン類の回収・破壊をそれぞれが責任を持ち、適切な処理を図るものです。

フロンはオゾン層や温暖化等に大きな影響を与えています。この度の、改正によって、書面交付等の手間が若干かかることになりますが、フロンの徹底した回収で少しでも環境保全に繋がれば大きな価値を生み出します。

ご協力のほど、宜しくお願い致します。

取扱い品目

「第一種特定製品」

業務用冷蔵庫・冷凍庫等・業務用エアコン等

フロン回収と機器廃棄をおこないます

産業廃棄物の収集運搬と処分の許可を得ている弊社では、フロン回収だけではなく、機器の廃棄も同時に行うことができます。

フロンの回収のコストを抑えます

現地でのフロン回収もおこないますが、先に機器を引き取り、弊社処分工場でフロンの回収を行うことが可能です。フロン回収機の持ち込みがなくなりますので、処分コストを抑えることができます。

フロン回収についてのお問合せ、ご相談はこちらから承っております

フロン回収廃棄法の主な改正内容

  • エアコンディショナー等を有償・無償に係らず、再利用などのため譲渡する場合もフロン類の回収義務 が生じます。
  • 該当製品の整備・点検を請け負う業者も、自ら回収業者とし登録をするか、回収をフロン類回収業者に委託しなければなりません。
  • 建築物解体工事を発注者から直接請け負おうとする建設業者は、当該工事の対象となる建築物等に該当製品が設置されているかどうかを確認し、当該工事の発注者に対し確認結果を書面で交付し、説明しなければなりません。また、特定解体工事の発注者は、特定解体工事元請業者に図面を提供するなど確認作業に協力する義務があります。
  • フロン類回収業者に引き渡すときは、所要事項を載した回収依頼書を交付する。また、フロン類の引渡しを第3者に委託する場合は、委託確認書を交付します。
  • フロン類回収業者は、該当製品の廃棄等を行うもの並びに依託した者に対し、引取証明書を交付する。

フロン回収廃棄の流れ

フロン回収の流れ

 

 

 

 

 


京浜島処分場はKES環境マネジメントの認証を受け環境改善活動に参画しております。 ISO14001認定ロゴ フリーダイヤル0120-167-290